Yasushi Okano Photography
岡野康史の写真のあれこれ

Photo Journal

日々の光景に言葉をそえて。

不定期フォトブログ

東北の記憶

8年前のことを想いながら、東北を訪れた時の写真を見返してみる。

今から12年前、バケペンを持っていた友人に触発されて中判カメラが気になりNew Mamiya 6を中古店で購入し、レンジファインダーで正方形というフォーマットに慣れるべく、相棒との初めての旅に選んだのが宮城の石巻・田代島だった。

4年後のことなど気にかけるはずもなく、「写真とは何か」みたいな小難しいことを考えることもなく、ただ感性の赴くままに一種の初期衝動でシャッターを切った写真たち。

当時の記憶、時代の変化、気づくこと、想うこと、色々回想される。

恥ずかしながら、この景色が今どうなっているのか、まだ確認しに行けていない。

何があっても、何もなくても、時は進むし全ての状況は変化する。

写真は瞬間を捉える。AFのスピードがどうとか、シャッタースピードがどうとか、肉眼で認識できる以上の「瞬間」を捉えるために進化してきた側面もあるが、僕が捉えたい「瞬間」は長い年月の中で、誰もが見ていた「あの日」だったり「あの時間」だったりする。

必要なのは、常に携帯できるカメラと、常に撮ろうとする自分の意識。

8年前のあの日、帰宅するのが精一杯で、自分は全く写真を撮ることができなかった。衝撃的な様々な記憶こそあるが、記録していないので客観的に思い返す手段がないままだ。

photographsYasushi Okano
最初の記憶について
 

3歳の彼らに、昨日や先月の出来事などを聞けば、感じた事やその時の状況を脳みそをフル稼働させて彼らなりに色々と教えてくれる。

大人になっても、2年に1回くらいは「人生最初の思い出は?」みたいな事を聞かれることがある(自分だけ?)けど、その記憶は「実は写真や家族の会話から生成されたものである可能性が高い」といった記事を最近どこかで読んだ。

そうだとしても、そうであるからこそ、彼らの記憶を拡張したり 、補完したりするものとして写真が機能するのなら、楽しかった事も嫌だった事も、隔たりなく包み隠さずシャッターを切ろうと、この写真の現像が上がってきた時にふと思った。

ちなみに僕の最初の記憶はというと、七五三の服のボタンを「自分でかける」と言い張り、掛け違えたままお宮に出かけたということになっている。

手向ける | offer flowers

手向ける。
道行く人が地蔵に椿を手向け、それを見た他の人もまた椿を手向ける。ちょっとした人の温かさの連鎖が春を一層暖かく感じさせた気がした。
先日のこと。

新しい相棒

まだまだこのカメラとは友達になれない。顔見知りってとこかな。
癖だったり得意なことだったり、こちらの話しかけ方次第で態度が変わるような感じ。とても人間臭い。
早く相棒になってもらえるように頑張ります。

in full bloom

「桜の見頃はあっという間に過ぎてゆく」と、そこかしこから聞こえてくる今日この頃ですが、フィルムで撮って現像出して補正してってやっていると、いつの間にか初夏になっているのが僕のいつものパターンです。

ということで、この写真は昨春にタイミングを逃してお蔵入りしていたものです。毎年同じ場所でお花見をしていますが、去年の桜吹雪は本当にすごかった。

ちなみに今年は、突然目の前を野生のキジが走っていました!きびだんごを持ち合わせていなかったのが残念ですが、バッチリ撮れたはず。また忘れた頃に時間差でアップしようかなと思っています。