Yasushi Okano Photography
岡野康史の写真のあれこれ

Photo Journal

日々の光景に言葉をそえて。

不定期フォトブログ

Bye-Bye 2017

今年は静岡でお正月を迎えたところから始まりました。(今年の年末年始もまた来ています)

その時の写真を見返していると、息子達はいつの間にか大きくなり、できることも増え、表情も変わってきていることを実感します。

その時は気づけないけど、後で分かるというのはよくあること。

親子のことだけではなく、仕事も人間関係も食事も身の回りの物事も、全て今日の関わり方が明日につながり、一年後・五年後・十年後につながっていると考えると、今の一瞬一瞬を大切にしないとなぁと思うのです。

友人が昔「森山大道が言っていた」話として「未来ばかり見ていたり、過去の事ばかり見ていて、今を生きていないのはダメだ」みたいなことをしていたのを思い出した。酔っ払っていたし、昔のことなので出典や真意のほどはわからないけど、ずっと頭の片隅にある言葉。

来年は今を大切に生きながら、未来へ進んで行く年にしようと思っている年の瀬です。

良いお年を。

静かな朝

東京に住んでいた頃、職場が近かったので馴染みのある場所。

だけど、こんなに人の少なかったことはなかった。

中野正貴のTOKYO NOBODYではないにしても、新鮮な感覚に包まれた朝だった。

凪いだ景色 | Calm Seascape

双子の息子達「凪」と「景」の名前は、瀬戸内海のちょうどこんな姿をイメージしてつけました。

それを本人達に見せられて何とも不思議な気分です。

親が好きな場所・風景なので度々連れて来られるので、彼らにとっては極めて普通な眺めになっていくだろうけど、大人になってそれぞれの道に進んだとき、ふとこの風景のことや相方のこと、ついでに両親のことも思い出してもらえるといいなと思うのです。

流れる

流れている水は腐らない。

常に思考し続ける。アイデアや技術は吸収しては出し切る。

そうやって軽やかに流れてゆきたい。