© 2023  Okano Yasushi

Statement

5年前、2つの生を授かり10年住んだ東京を離れて海辺の町に戻ってきた。そして1つの死を見送った。目に見えない大きな歯車が噛み合い動き出した気がした。

その頃から、今までとは違う感覚が自分の中にじわじわと芽生え、気になる事柄や目が向く対象、趣味嗜好などの判断基準に影響を与えるようになってきたように思う。

些細な自然の移り変わり・偶然の出来事・子供の成長・いつもの海・毎朝の犬の散歩・明日の予定…そんなものが交わり、積み重なり、絡み合い、そして擦り切れ、隙間ができ、また交わって大きな「うねり」となって流れていく。うまく言葉にできないがそんな感覚。

「偶然に起こっていることは『自然の意志』なのかもしれない。人の為すことは『自然の現象』の一部に過ぎないのかもしれない。どっちが正解だろうか。」

そう小難しく思いを巡らせている自分を横目に、成長してゆく子供達は、今日も「人」と「自然」の境界を、軽やかに行き来している。彼らの振る舞いを見ていると、その境目は実に曖昧なもので、答えを見つけようとすること自体が無意味なのではないかと思えてくる。

例えば、目の前で咲いている花も、スマートフォンで見ているニュースも、事柄の重要さに大差はなく、もしかするとどこか遠くで繋がっている大河の流れの一部なのかもしれない。

「ぼっこーきばるなよぉ。成るように成るんじゃけぇ。身をまかせときゃーええんじゃ。」
空の上の父親から小突かれているような気がした。

この写真は、日々の生活の中で繰り広げられる光景と、その中で自分に芽生えた感覚とを、とどめておこうとした痕跡です。

2019年 10月

Photobook

◎価格 ¥2,750税込 + 送料(梱包代込)¥230

◎仕様 B5変形 | 無線綴じ | 104P

◎数量 若干数

詳細・ご購入はこちら

デザイン事務所 OKAY DESIGNING のサイトです